2016.12.04
お役立ち情報
チェンマイ予防接種情報(A型肝炎・B型肝炎・狂犬病・破傷風)3つの病院を比較してみました

こんにちは!スローハウスのあゆみです。


前回はチェンマイで黄熱病の予防接種を打つ方法を書きましたが、今回は黄熱以外のA型・B型肝炎や狂犬病などの予防接種について書いていきたいと思います。

チェンマイには大きな病院がいくつかあり、場所によっては日本語通訳の方がついてくれる病院もあります。
病院によって予防接種のワクチンのお値段も様々です。

黄熱病に引き続き、今回もお客さんに便乗してチェンマイの予防接種事情をリサーチしてきました!
※ワクチン代については2016年11月の料金です。
※電話で事前に料金を聞くこともできますが、実際とは違うことも多いので病院で直接聞くことをオススメします。

 

私立チェンマイラム病院(Chiangmai Ram Hospital)

 

r2040306

チェンマイでもトップクラスの高級な病院。
スローハウスから歩いて10分ほどの場所にあります。
受付で頼むと、日本語の通訳の方をつけてくれるので安心感が違います。
クレジットの保険や日本の海外旅行保険にも対応してくれるので私も何度もお世話になってます。

【予防接種のお値段】

  • A型肝炎(Hepatitis A) 1本3323B(合計3本接種)
  • B型肝炎(Hepatitis B) 1本920B(合計2本接種)
  • 破傷風(Tetanus) 1本150B
  • 狂犬病(Rabbies) 1本917B(合計3本接種)

上記のワクチン代以外に診察料などがかかります。
予防接種前に医師の診察が必要です。

 

国立スアンドーク病院(Maharaj Nakorn Chiang Mai Hospital)

 

地元タイの人に人気の国立病院。
すぐ隣にはシリパット病院があります。

国立病院なのでワクチン代は近辺の病院の中では最安です!
ですが、人が多く待ち時間が長いことと日本語通訳はいないので英語での対応になります。
まずは英語を話せるスタッフの方を探しましょう。


【予防接種のお値段】

  • B型肝炎(Hepatitis B) 1本172B(合計2本接種)
  • 狂犬病(Rabbies) 1本344B(合計3本接種)

ワクチン代のみの支払いでOK。

 

15215826_1805798482967921_1179085352_o
少し離れた場所にあるファミリーメディスンという場所で体重・身長・血圧を測り接種します。

 

私立シリパット病院(Sriphat Medical Center)

 

 

r2040302

スローハウスから徒歩圏内にある病院。
すぐ隣には国立のスアンドーク病院がある。
こちらも日本語通訳の方をつけてくれるので安心です。

【予防接種のお値段】

  • A型肝炎(Hepatitis A) 1本1800B
  • B型肝炎(Hepatitis B) 1本530B
  • 破傷風(Tetanus) 1本220B
  • 狂犬病(Rabbies) 1本500B

上記のワクチン代以外に診察料などがかかります。
予防接種前に医師の診察が必要です。
シリパット病院では実際にA型肝炎を接種してきました。

 

r2040301

入り口にいたスタッフの人に予防接種を受けたいことを伝えると、座って待つように言われます。

 

r2040303

しばらく待つと車がやってきます。

 

r2040304

シリパット病院から少し離れたところに別棟があります。
まるでコンサートホールのようにキレイです。
予防接種はここで接種しました。

場所はこの辺り。ここへ直接行ってもいいかもしれません。
他の病院にも共通していますが、予防接種は別の場所で受けるようです。

 

r2040346

こちらで日本語の通訳の方をお願いすることができます。
まずは受付で書類に記入。

 

r2040348

あとは通訳の方が案内してくれるので心配はいりません。
診察室や待合室は撮影禁止でしたので写真はありませんがとてもキレイでした。

この後1時間ほど順番を待って血圧をはかり医者の方から簡単な診察を受け、無事に接種完了です。

 

r2040359

気になるお値段はこのようになりました。
A型肝炎ワクチン代1800Bとは別に診察代200Bなどがかかり、合計2189Bでした。

 

チェンマイ予防接種まとめ

必要なもの:パスポート
ワクチン代:それぞれの病院で異なる。病院によってその時にないワクチンもあるので事前に確認を。
予防接種を打つ場所:3つすべての病院で別の場所へ移動しました。

 

ワクチン代の安さでいうと国立のスアンドーク病院が上記3つの中では最安。
ただし、日本語通訳の方はいないので事前に1本目を接種している人などはその旨をきちんと英語で説明する必要があります。また、現地の人がたくさんいるので遅く行くとその日は診てもらえないことも。早めに行きましょう。


不安な方は日本語通訳の方のいる病院で受けてもよいと思います。
その後の接種はいつ頃したらいいかなどきちんと聞いておきましょう。
次回接種するときのためにワクチンの箱を持って帰ると安心です。

 

【やまと情報】
上記3つ以外にアーケードバスターミナル付近にあるマコーミック病院も大きな病院ですが、ワクチン代は少々お高めでラム病院と同じくらいでした。日本語通訳の方はいませんが、館内には日本語表記の看板があり分かりやすいです。

 

黄熱病に引き続き、取材協力してくれたやまとくん!
ありがとうございました!!