2016.06.13
ビザ
ラオス
2016年6月 ラオスのビエンチャンでタイの観光ビザを取得する方法

こんにちは!スローハウスのあゆみです。

海外に滞在する上で必ず知っておかなければならないことのひとつがビザについて。
現在タイにノービザで入国した場合の滞在可能日数は陸路でも空路でも30日となっています。
さらにタイに滞在する場合、国内で延長するか、違う国に一度出国するかになりますが、滞在可能日数はどちらも30日のみです。

居心地のよいタイでせっかくだったらもっと長く滞在したい!
そんな方のために本日はタイの観光ビザをお隣の国、ラオスで取得する方法をご紹介します。
ビザ情報は突然変更になることもありますので事前にご自身で調べることをおすすめします。
今回の記事は2016年6月9日時点での情報となりますのでご了承ください。

R2038946
ビエンチャンのタイ領事館での順番待ち。

【ラオスのビエンチャンでの必要書類】
・申請書類 VISA APPLICATION FORM(領事館でもらえます)
・証明写真2枚(背景白)
・パスポート(有効期限残り6ヶ月以上、余白ページが1ページ以上あるもの)
・パスポートコピー(顔写真のページとラオスの入国スタンプのページ)
・申請料金 1000B(観光シングル60日滞在可)


R2038956
※ダブルビザは2015年11月廃止となりました。
※観光のマルチプルビザは日本でのみ取得可能です


朝7時頃に到着するとすでに領事館前には列ができていました。
領事館の入り口の門が開いたのが大体7:30頃。
そこから並んでいた順番で中に入り、イスに座って業務が始まるのを待ちました。

待っている間に申請書類に記入しておきましょう。
書類は領事館でもらうことができます。
よく領事館の前で申請書類の記入代行屋(100Bくらいで書類を書いてくれる)がいますが難しい内容ではないので自分でも記入できます。

記入はすべて英語で。
パスポートの基本的な内容、結婚しているか、仕事は何をしているか、ラオスでの住所(ホテルでOK)、日本の住所、タイに入国した日、取得したいビザにチェック、タイの住所(ホテルでOK)、最後に署名と日付を記入。

そして申請書類に証明写真を2枚貼り付けます。のりも前の机に置いてありましたが持ってると便利。
大きさは3.5cm×4.5cmと書いてありますがそんなに厳密ではなかったです。
ただ写真の背景は白でないといけません。
もし写真が無ければ撮影できる場所もあります。

そしてパスポートのコピーについてですが、顔写真のページは事前に準備可能ですがラオスの入国スタンプのページは入国後でないとコピーできません。もしもラオスに入国してそのまま申請に行く場合は領事館前にコピー屋がいるので、始めに並ぶときにコピーしてもらいましょう。(一枚10B)
顔写真のページとラオス入国スタンプのページのコピー両方にパスポートのサインと同じサインを書いておきます。場所は適当なとこでOK。
日本人はラオスに入国する際15日以内の滞在ならビザが必要ありませんが、もしもラオスのビザを取得している際はそのページもコピーしておきます。

一度列に並んで席に着くと、なかなか列を抜けるのは難しいかもしれません。
なので、できれば申請書・パスポートコピー・証明写真は事前に手元に準備しておいた方が安心です。
申請書は領事館内にありますが取りに行くには列を抜ける必要があるので、領事館前の代筆屋さんからもらうのがいいかも。

書類が揃ったらイスに座って業務が始まるのを待ちましょう。
9時頃スタッフの人たちがやってきて、並んだ順番通りに書類を提出します。

R2038952

観光ビザの人は書類に不備がなければここで番号と注意書きが書かれた紙を渡されて申請手続き終了です!!
以前は番号札をもらった後にさらに奥の窓口に並ぶ必要がありましたが、今回はこちらで手続きが終わり『また明日来てね』という感じでした。かなり時間が短縮されました!

R2038950

ビザの受け取りは翌日の13:30~16:00の間です。
土日は休みなので金曜に申請した場合受け取りは翌週の月曜日になるので注意!
でも時間があるなら金曜日が一番申請する人が少ないので早く終わります。

月曜・木曜は土日明け+ビザランツアーの団体がバンコクやチェンマイから来るので人が増えます。
火曜・水曜の申請がおすすめ!

R2038955

さらに領事館の休みにも注意が必要!
タイの休日に加え、ラオスの休日も休みだからです。
去年の12月には10日ほど連休になったこともあるので必ず確かめましょう!
連休明けのビザ申請には1000人ほど人が殺到してそれはそれはひどかったです…
こちらから領事館の休みが確認できます


R2038957

私は今回就労ビザの申請だったので奥の窓口で書類を提出し細かく確認されました。
就労ビザについては別でまたブログに書きます。

受け取りはとても簡単で、次の日に上の写真の窓口で受け取れます。
電光掲示板に番号が表示されるので前日の申請時にもらった自分の番号がきたら並んで申請料を支払い終了です!
必ずその場でビザの確認をしましょう(パスポートNo・日付・有効期限など)

最後にもうひとつ注意事項があります。
タイに入国する際、きちんとビザを使って入国しているかイミグレで確認しましょう。
・取得した観光ビザに使用済みの印が書かれているか
・パスポートに押された入国スタンプに書かれている出国の期限日がきちんと2ヶ月後になっているか

イミグレの担当官がビザに気づかずノービザとしてスタンプを押してしまうと30日しか滞在できません。
ビザの有効期限は取得してから3ヶ月なのでこちらもお忘れなく!!

初めてビザを申請する際は緊張しますが、そんなに難しいことはありません。
さらに最近はパスポートにタイのスタンプがたくさんあると、ノービザでの入国が空路でも厳しくなってきていますのでタイに何度も来る方はビザの取得が必要になってくるかもしれません。

くれぐれもオーバーステイは避けましょう!!


【Thailand Consular Section】※タイ王国大使館で調べると別の場所が出ます

ビザ申請時間:8:30~12:00
ビザ受け取り時間: 13:30~16:00
休日:土・日・タイとラオスの祝日
ビエンチャンのタイ領事館HPはコチラ!